マウスピース型矯正装置(インビザライン)について

投稿日:2018年3月9日

カテゴリ:未分類

こんにちは。矯正治療担当の三上友絵です。

最近、マウスピース型矯正装置(インビザライン)についての相談が増えています。

マウスピース型矯正装置は10年程前は日本で扱っている病院がかなり限られておりました。

近年、世界中で実績が上がってきており、マウスピース型矯正装置による治療の適応も広がってきていると思います。

矯正治療は最初の治療方針がかなり重要になってきます。

そもそもマウスピース型矯正装置で対応できるか?

治療を行うにあたり歯を抜く必要があるのか?

抜くならどこの歯を抜くのか?

 

治療方針を間違ったりマウスピース型矯正装置の適応でない場合、様々な悪影響が生じます。

 

患者様に

本当に矯正治療をやってよかった

と治療が終わった時に思ってもらうため、

どうしてもマウスピース型矯正装置では治療が困難な場合、一般的な表側の矯正装置もしくは裏側の矯正装置をお勧めする場合もございます。

全ての装置にメリット、デメリットがあるためまずは一度相談して下さい。

お待ちしております。