花粉症と口の乾燥

投稿日:2018年2月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科衛生士の吉田です。

インフルエンザのピークがやっと過ぎたと思ったら、いよいよ花粉が飛び始めてますね(・_・;)

実は、花粉症もお口のトラブルと関係があるんです!!

花粉症の症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあげられますが。。。

このうち<鼻水、鼻づまり>は鼻で呼吸しずらくなりどうしても口で呼吸することが多くなり口の中の乾燥につながります。加え、花粉症の薬の中には副作用として唾液の分泌を抑えてしまうものもあり更に口が乾燥しやすくなってしまうこともあるそうです。

乾燥がなぜ良くないかというと。。。

唾液には→洗浄作用(食べかすやプラークを流してくれます)

    →抗菌作用(口の中での細菌繁殖を抑えます)

この作用が乾燥によって低下すると、細菌が繁殖し口臭の原因となるほか虫歯や歯周病を引き起こす環境となってしまうのです。

 

そこで、口の乾燥を防ぐためのポイントを紹介します。

*よく噛みましょう!!

噛むことで脳が唾液の分泌を促進してくれます。シュガーレス、CPP-ACP配合、キシリトール入りのガムを噛むのもお勧めです。

*唾液腺マッサージ!!

耳下腺(耳の前、上野奥歯あたり)、顎下腺(耳の下から顎の下まで)、舌下腺(顎の下あたり)。この3つの唾液腺を指を使ってやさしくなでたり、押してみてください。直接刺激することで唾液の分泌を実感できると思います。

*舌の体操!!

舌を色々な方向に動かしてみてください。口をあけて大きく動かすと表情筋も鍛えられてお勧めですが職場や外出先では口を閉じて頬の内側を押しながらなめるように回すだけでも効果的です。

*こまめに水分補給を!!

*口の中を綺麗に保ちましょう!!

いつもの歯ブラシに加え補助的清掃器具、洗口剤等を使って念入りにお口のケアをお勧めします!

乾燥が気になる方、その他お口の中で気になることがありましたら気軽にご相談ください。

 

スタッフ一同お待ちしております(^o^)丿