虫歯になりやすい食べ物

投稿日:2018年2月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、歯科医師の河野麻友子です。今日は、バレンタインですね!

皆さんは、チョコレートが歯に悪いことはご存知かと思いますが他に歯に悪い食べ物はご存知でしょうか?

①粘着質な食べ物

例えば、ドライフルーツやキャラメルや砂糖入りのガムなどが挙げられます。これらは糖分を多く含んでいてねっとりと柔らかい食感で歯にくっつき、長時間口腔内に停滞してしまうので虫歯を誘発しやすいです。

②柑橘類(酸が多い物)

これらに含まれる強い酸と糖分が歯に悪いです。歯は酸に弱く、長くさらされていると溶けてしまいます。飲料水の中にも炭酸飲料や赤ワインなど酸性の強いものがありますから、取り過ぎには注意が必要です。

③硬すぎる食べ物

不必要に歯が削れたりして歯の咬み合わせが狂ってしまうので、食べすぎには注意が必要です。

 

これらの食べ物を全く食べないということではなく、食べ過ぎないように注意して食べたらまめに歯を磨くなどして歯の健康を保ちましょう!