CT撮影について

投稿日:2017年11月15日

カテゴリ:未分類

 こんにちは、院長の横田です。

11月に入りだいぶ肌寒くなってきましたね。

体調崩されていませんか?

今日からKT歯科はクリスマスの飾りつけをしました。

歯医者はどうしても怖いというイメージがありますので、よりリラックスしていただけるような空間作りを心がけていきたいと思います。

治療でなくてもお近くを通ることがありましたら、是非お立ち寄り下さい。

さて今日は、CTについてお話ししたいと思います。

CTとは、レントゲンの一種です。

歯科でよく撮影されているのは、デンタル写真とパノラマ写真が一般的です。

デンタル写真とは、ある一部分にフォーカスを当てた2次元的なお写真です。

パノラマ写真とは、全体的な歯の写真を2次元的に撮影したものです。

CT撮影とは、歯や骨、神経などを3次元的に撮影したものです。

2次元とは違い、神経の位置関係や、骨の厚み、歯の根のより鮮明な画像が得られるため抜歯や外科的な手技に関してより安全に行うことができます。

KT歯科では、デンタル写真、パノラマ写真、CT写真、それ以外にも矯正治療で必要とされるレントゲンも常備しているため、より正確な診断を行うことができます。

もし何かお困りなことがございましたら是非一度、御来院下さい。

KT歯科スタッフ一同お待ちしております。

■ 他の記事を読む■