生活習慣と歯並びの関係

投稿日:2017年9月11日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、歯科医師の河野です。

今日は、生活習慣と歯並びについてお話したいと思います。歯並びは遺伝と思われている方も多いと思いますが、子供の歯並びはお口と舌の筋肉によっても決められる部分があります。

具体的に言うと食事時の姿勢が大事です。そして食べ物の硬さも重要です。姿勢が悪く歯に異常な力が加わると、顎の形の変形をきたし歯並びの乱れにつながります。柔らかい食べ物ばかりかんでいると顎の骨に刺激が加わりにくく、顎の成長を促せません。この成長がないと顎が広がらないため大人の歯が入るスペースがなくなります。

こうした、食べ物や姿勢などの生活習慣で歯並びの乱れにもつながりますので、注意していただけると助かります。