新型コロナウイルス対策について

歯が「しみる」

投稿日:2017年5月22日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。

歯科衛生士の齋藤です。

寒かったかと思えば暑くなったりと、気温の急激な変化で体調を崩しやすくなっています。
天気予報をチェックして、体調管理をして行きましょう。

今回は、歯が「しみる」という事について、お話ししたいと思います。

一言で「しみる」と言っても、いろんな状況が考えられます。

☆虫歯
虫歯のなり始めに冷たい飲み物や食べ物が「しみる」という症状が出て来ます。
冷たい物より熱い飲み物や食べ物が「しみる」様になったら、症状が進んでいます。
甘い物が「しみる」という事もあります。

☆毎日の歯磨きの仕方
毎日の歯磨きで、間違った歯磨きをしていたり・力強くゴシゴシ磨いたり・使用している歯ブラシが硬すぎたりすると、長い時間をかけて歯の表面のエナメル質が削られ、象牙質が露出して「しみる」症状が出て来ます。

☆歯ぎしり
歯ぎしりや食いしばりのある方は、知らず知らずのうちに歯を削ってしまっています。

☆歯周病
歯周病が進行する事で歯茎が退縮して、今まで歯茎の中に隠れていた歯の根が現れて、冷たいもの・熱いものが「しみる」症状が出ます。

☆ホワイトニング
ホワイトニングに使用する薬剤の影響で「しみる」症状が現れる方もいます。
ホワイトニングの治療期間が終れば、症状は改善されます。

☆歯科医院での歯石除去後
歯科医院で歯石を除去すると、今まで歯石で隠れていた歯の表面が現れて、2〜3日歯が「しみる」症状が出る方がいます。

☆酸性食品の摂取の仕方
酸性の飲み物や食べ物を長時間又は、頻繁に摂取する事によって歯がしみて、その症状が進んでいくと歯の表面のエナメル質が溶かされ『酸蝕歯』と言う症状が現れます。

この様に歯が「しみる」原因は様々です!(◎_◎;)

皆様、歯が「しみる」事はありませんか⁉︎