唾液の役割

投稿日:2017年5月13日

カテゴリ:未分類

歯科医師の河野麻友子です。皆さんは唾液が多くの役割を持っていて唾液の量が健康のバロメーターになっていることをご存知ですか?今回は唾液の持つ役割についてお話します。

①口の中の粘膜保護                                            

②潤滑剤  

③殺菌

④消化を助ける

⑤体内の水分を正常に保つ

⑥歯の再石灰化を助ける (以下で詳しく説明します)  

虫歯ができるのは食べ物が歯につき、歯垢になります。歯垢は細菌の塊なのでそれを溶かそうと、お口が酸を作り出します。その酸が歯を溶かして虫歯になってしまうのです。 この時に重要な役割を果たすのが唾液です!

酸で溶けだした歯を唾液の力により中和して修復してくれます。唾液中のカルシウムが歯の溶け出した部分に再沈着して修復され元に戻します。これを歯の再石灰化とよんでいます。つまり唾液は虫歯予防になくてはならないものなのです!

口の中は細菌が多い場所です。唾液の殺菌作用により細菌の量、割合がコントロールされています。唾液の量がへってしまうと多くのトラブルがでてきます。

最近唾液の量が減ったな、、、など心当たりのある方はぜひ1度KT歯科にご相談下さいね。

■ 他の記事を読む■