新型コロナウイルス対策について

学校での歯科検診にて

投稿日:2017年5月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、院長の横田です。
ゴールデンウィークで3日間お休みをいただき、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。5月6日土曜日より通常通り診療していますのでお休みの間、詰め物がとれた方や、痛みがある方は、随時受け付けておりますのでご連絡下さい。
今日は、新学期も始まり学校歯科検診を受けられた方も多いと思います。
そこで耳慣れない言葉を聞いた方もおられると思いますので、簡単ではありますが少しお話ししたいと思います。
Cという言葉をよく歯科検診や歯医者さんで聞くと思います。
Cというのは、カリエスの頭文字で虫歯を表します。Cの中にC0,C1,C2,C3,C4といった数字で虫歯が区分分けされており数字が進むにつれて虫歯の進行度合いを示します。
数字が大きくなるとそれだけ虫歯の範囲が大きいということになります。
C0というのは、要注意歯とよばれこのままだと虫歯になってしまいますよという記号です。
このC0の段階でフッ素や歯ブラシなどの予防処置をしておけば、必ずではないですが歯を削らずにそのままの歯の形で残すことが可能です。
もし気になることがありましたら何なりとご相談下さい。KT歯科一同お待ちしております。

■ 他の記事を読む■