新型コロナウイルス対策について

ブラキシズム

投稿日:2017年4月11日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは、歯科医師の河野麻友子です。

皆さんは無意識のうちに噛みしめたり、歯ぎしりしていることはありませんか?ご自分の意思でコントロールできない噛みしめ、歯ぎしりは口腔内で様々な障害を起こします。

治療した歯が折れてしまったり、壊れたり、つめものがとれたりするトラブルが度々起きたり、歯が過剰にすり減っていたり、咬筋というかむときに使う筋肉が張っていたり、肩こり、顎の痛みをうったえる方もいらっしゃいます。

こちらが指摘するまで自覚がない方が多いです。KT歯科での検診では虫歯、歯周病の有無の他にも歯に過剰な力がかかっていないかのチェックもしています。

気になる方はぜひ一度ご相談下さいね!!