インプラント治療について

投稿日:2017年3月13日

カテゴリ:未分類

 こんにちは、歯科医師の河野です。

今回はインプラント治療について、説明します。

先ず、インプラント治療は補綴(歯を失ったところを補う)治療の分類に入ります。

補綴治療の種類としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントがありますが、この中で他の2つとインプラントが明らかに違うのが、他の歯を犠牲にして負荷をかけずに、欠損部位に歯を『新築』できる点です。

また、骨を支えに使うため、維持力も1番高く、圧倒的に長くもつ点も利点の1つです。

上手くできた場合は、50年は確実にもつと言われています。

当院ではそんなインプラント治療を専門の先生と共にチームを組んでアプローチするシステムが確立されています。

若くして歯を失ってしまった方や、入れ歯でお悩みの方など、是非気軽に相談してください。世の中、まだまだあまり良くない話しも出回っているインプラントですが、先ずはそのような不安から細かい事まで解決して行きますので、宜しく御願い致します!

 

 

 

■ 他の記事を読む■