抜かない・削らない治療

保存治療(歯を抜く・削るを最小限に)を重視しています

保存治療

抜歯、切削などを避け、できるだけ天然歯を残す方法が保存治療です。通常は抜歯や歯を削る方が簡単ですが、それでは患者さんの歯か傷ついたり、負担が増える一方です。当院では天然歯をできるだけ傷つけない保存治療にこだわっています。

歯を削らないための、3つの取り組み

削らない治療

虫歯をまったく削らないで治療をすることは不可能ですが、削る面積を最小限にすることは可能です。以下でその方法を紹介します。

①う蝕検知液の使用

う蝕検知液う蝕検知液は赤い液体で、虫歯箇所に塗ると、虫歯組織のみが赤く染まるという特性があります。

これを活用することで、肉眼では判断つかない虫歯組織と健康な歯質の境目を見極め、できるだけ健康な歯質をムダに削らないようにしております。

また、虫歯の取り残しを回避することにも繋がり、虫歯の再発を防ぎます。

②セラカルの使用

セラカルセラカルとは、歯髄保存の際に使用する薬剤です。

虫歯除去を行う際に、神経が直接感染のない状況で見えてしまった時や、限りなく神経近くまで虫歯が進行していた場合に、セラカルで覆い、保護することで、神経をとることなく、維持できるようになります。

神経をとる処置をすると、歯の根っこを削ることになり、歯の寿命は一気に縮みます。それを防ぐ方法の1つがセラカルの使用です。

③予防歯科の徹底

予防歯科

虫歯にかかるから歯を削るこになります。逆をいえば、虫歯にならなければ、天然歯を削る必要はなくなります。

単純な話ですが、虫歯にかからないためには定期的な歯科検診にいく必要があります。しかし、この定期検診受診率、先進国の中で最も低いのが日本なのです。

私たちはこういった現状を改善するべく、歯科検診、予防対策などの予防歯科を推進しています。

歯を抜かないための、3つの取り組み

抜かない歯科治療

重度の虫歯、または根管(歯の神経の穴)が折れた時などはどうしても抜歯になってしまいますが、それ以外の場合であれば、可能な限り抜歯を回避するようにしております。その方法を以下で紹介します。

①根管治療(歯の神経治療)にこだわる

根管治療(歯の神経治療)虫歯が進んで歯の神経の通っている根管にまで細菌感染が到達した場合に行う治療が根管治療です。

根管治療は再発率が高く、その精度が非常に重要であると言われています。

当院では、しっかり時間をかけ、ていねいに根管治療を行なっております。

②歯周病治療にこだわる

歯周病・歯槽膿漏歯を抜く原因は歯周病が多く、虫歯ではありません。軽度や中度の歯周病の場合、その多くは抜く必要はないのですが、重度の症状の場合は、その多くが抜歯となってしまいます。

当院の歯周病治療は、歯周外科や歯周再生治療など、高度治療ができますのでご相談ください。

また他の歯科医院で抜歯を勧められた方も、抜歯回避が可能な場合がありますので、セカンドオピニオンをご利用ください。

③予防歯科へのこだわり

予防歯科

虫歯をそのままにしていたり、重度の症状まで歯周病を放置したりすると、抜歯の可能性が高まります。

80歳になるまで20本以上歯を持つ方は日本では数少ないですが、歯科先進国である欧米の場合はたくさんいらっしゃいます。

当院では歯の掃除、歯周病予防などの予防歯科を推奨し、天然歯を維持することを重要視しています。

稲毛海岸で抜かない・削らない歯医者をお探しの方へ

稲毛海岸で抜かない・削らない歯医者

稲毛海岸で抜歯や削らない歯科医院をお探しの方は、抜歯、補綴(被せ物、詰め物)に関するセカンドオピニオン、無料相談なども受け付けていますので、ぜひ一度、KT歯科・矯正歯科までご相談ください。